こんにちは。

ヘルスケアブログでは、医院開業を志すドクターのために、開業に役立つ知識や情報をまとめてお届けします。

今回は、「医院開業コンサルタントの活用」というテーマで、まず開業支援コンサルタントの種類や契約方法の違いを知り、自身の要求に合ったコンサルタントを活用するための内容をご紹介します。

 

コンサルタントを活用する意味

医院開業を決意したものの

「土地はどうやって探すのか?」

「建物の設計は…?」

「お金はどうやって借りるのか?」

「事業計画書ってどうやって作るのか?」

など、不動産や金融など、様々な分野にわたって疑問が湧いてきます。

ひとたび医院開業を行えば、ドクターはひとりの医師としてだけではなく、ひとりの経営者として診療所をマネジメントしていくことになります。

その際、勤務医のときとは異なり、金融から税務、人事・労務、プロモーション(広告)、ITなどそれまで必要としなかった知識が必要です。しかし、これらの知識をすべてひとりで補おうとするのは、とても効率的とは言えません

したがって、最低限の知識とポイントは押さえつつ、各分野のプロフェッショナル(専門家)に細かい部分で力を借りることで、ドクターは理想とする医療の実現に向けて注力することが可能となります。

 

プロフェッショナルは色々

医院開業や医院経営の分野では、それぞれの専門領域でコンサルタント業がすでに成り立っているのが実情です。

特に医院開業では、融資や税務、不動産など特化したサービスを展開している企業や個人事業主がいますし、医療機器販売などの主力事業に付随してコンサルタントサービス事業を展開している企業もあります。

したがって、医院開業時には、やはり医院開業のノウハウや知識を豊富に持っているコンサルタントを活用することが重要です。相手が「医療経営コンサルタント」の資格を持っているからといって、本当に医院開業に強いのかどうかはわかりません。それを理解しないまま流されるままに契約して、後になって望んでいたサービスを受けられなかったというケースもありますので、十分に注意しなければなりません。

 

コンサルタントの種類

医院開業支援の専門コンサルタントには、次のようなタイプがあります。

・医院開業に特化した有料のプロコンサルタント

・医療機器、医薬品、不動産関連等の企業内支援サービス部門のスタッフ

・医院開業に特化した税理士や公認会計士事務所のスタッフ など

医療機器や不動産業者であれば、本業の取引契約を前提として無料または実費のみでサービスを提供するところもあります。もちろん、開業のあかつきにはその企業との取引を継続するしがらみは発生します。

逆に、有料の開業コンサルタント会社であれば、サービス契約のみの自由取引であり、開業後の縛りなどはないことが通常です。コンサルタント費用は様々で、100万円以上請求されることもまれではありません。

公認会計士や税理士事務所の場合は、原則有料としつつも、開業後に顧問契約を結ぶ場合は無料など、色々なパターンがあります。

いずれのケースにせよ、開業した後に経営を継続していくことが最重要課題ですので、長期間の付き合いができる相手かどうかを見きわめてから、判断した方が後でトラブルにならずに済みます

 

最後は「人」

コンサルタントは様々ですが、そのサービス内容は、不動産関連から始まる医院開業にまつわる支援と考えてよいと思います。初回の記事で説明したように、医院開業には8つのステップがあります。

①目標開業日の設定
②開業地の選定と評価
③事業計画と資金調達
④建築設計と施工
⑤オープニングスタッフの募集と採用
⑥申請・諸手続き
⑦広告宣伝・PR
⑧スタッフの教育・訓練

これらの諸領域についてまんべんなくサービスを受けられるのか、あるいはどこかの一部分に特化しているのか、バランスよく考える必要があります。

そして、業界で有名な専門コンサルタント会社であっても担当者次第で高いレベルのプロから、素人同然の若手までいてサービスの質が変わりますし、開業支援を何十件とこなしている医療機器メーカーのベテラン営業マンがいる場合もあります。公認会計士や税理士は、金融や資金繰りには強くても、医療機器やPR、人事にはまったく詳しくないということもあります。

医院開業コンサルタントは、日々の勤務で忙しいドクターが活用するうえで便利なサービスを展開しているものの、タイプをよく見て、自分の要求に合ったコンサルタントを選ぶ必要があります。最後は、人が勝負を決めると言って間違いはありません。

1.医院コンサルタント

病院経営のように全般的で理論重視のものではなく、人手や能力が不足しがちな医院にとっては、実務支援も手がけるような医院コンサルタントが望ましい。

2.経営戦略コンサルタント

中規模以上の病院が、数百万~数千万円程度の費用を支払って経営全体の方向性決定や構造改革などを行う際に利用するのが一般的で、小規模の医院が利用することは通常ありません。

3.労務・人事コンサルタント

日常的な労務や採用、教育・訓練についてアドバイスや、社会保険や労働保険等の手続きを代行してくれる業者が一般的で、多くの場合は社会保険労務士事務所などが当てはまります。

一方で、最近ではコーチングやモチベーションアップなどによってスタッフのやる気を引き出し、スタッフ・患者満足度を向上させるコミュニケーションを重視したサービスもあります。

4.業務改善コンサルタント

集合型のセミナーや研修を実施してスタッフを受け入れ、座学で業務知識やノウハウ、ツールの利用方法を教えるパターンなどがあり、まかなえる範囲の費用でスタッフの教育・訓練で利用すると効果的です。

5.接遇コンサルタント

受付や看護師の患者への接遇(サービス)対応を向上させるため、多くのコンサルタント会社が接遇教育を医院向けに行っています。

6.広告コンサルタント

医院の名前からロゴ、キャッチコピー、イメージカラーなどを決めて医院の看板、名刺、ポスター、ホームページ等を制作して医院のブランドイメージを確立・維持させます。開業時に、周辺住民や近くを通る人たちへ周知させるために重要となります。

7.会計・税務コンサルタント

税理士や公認会計士が一般的で、お金に関するサポートをします。事業計画の作成、融資時の相談、経費処理の方法、記帳代行、決算、経営全般へのアドバイスなどを行います。

8.ITコンサルタント

電子カルテ、受付システムなど医療分野でのIT化を支援します。特に、電子カルテは今後急速に拡大・普及して医院の情報化はもっと進んでいきます。パソコンだけでなく、医院内の情報機器や医療機器類の導入時には専門家のアドバイスを受けることは非常に重要です。

 

開業サポート

東手城ヘルスケアモールでは、事業計画の作成など開業をお考えのドクターの全面的なサポートをおこなっております。

医院開業」についてご関心をお持ちの方は、こちらからお気軽にお問い合わせください。

【関連記事】

開業までのステップ

医院開業のタイミング①~患者行動から考える

医院開業のタイミング②~資金繰りから考える