ヘルスケアブログでは、医院開業を志すドクターのために、開業に役立つ知識や情報をまとめてお届けしています。

今回は「資金計画シリーズ」の第1歩となる「必要資金計画」についてです。

 

土地購入資金

開業パターンをどのようにするかで、土地にかかる必要資金が大きく変わります。一戸建て開業であれば、当然土地の購入費用がかかることが想定されます。

診療科目ごとに、必要な機能とスペースを見積り、駐車台数なども考えたうえで土地面積を導きます。それから、開業候補地の坪当たりの地価相場を調べ、金額を導きます。

例えば、整形外科の開業で200坪必要だったとします。地元の不動産会社や建築業者から相場を聞くか、インターネットで地価を調べることで、坪単価を調べます。

坪単価が25万であれば、単純に200×25万円=5,000万円と大枠の当たりをつけます。しかし、もちろん土地の購入を進めようとすると見込みのとおりには行きません。5,000万円を上回ったり、想定よりも少し狭いところが候補地として見つかる可能性もあります。

希望する診療イメージと大きなズレがなければ、妥協することもありえます。一番避けたいのは、何の計画も持たずにすべてを業者任せにしてお金も払い、フタを開けてみたらまったく理想とは違った、というパターンです。不動産業者が、医院経営に詳しいとは限りませんので、こちらの要望、予算などの考えをもったうえで調査・交渉に臨みましょう。

 

建物購入資金

すでに開業するための土地を持っている、あるいは、他人から借りて自己所有の建物を建てる、ということであれば建築業者に見積りを依頼し、金額を算出してもらいます。

この時、医院建築の実績や経験が豊富であるところに頼むか、知り合いのドクターから紹介してもらうなどして、信頼できるところを数件当たって、相見積もりを取ります。

建物も、坪当たりの建築単価×建物面積で見込みをつけます。注意点は、見積りが安いからと言ってすぐに決めないことです。建築するうえでは、追加工事が発生して費用がふくらむ傾向があるほか、こちらがやってほしいこと(駐車場の整地・アスファルト工事・外構工事・植栽工事など)が含まれた見積りになっているかどうか、しっかりと確認します。

したがって、予算はやや高めで考えておいた方が失敗が少なくて済むと思われます。

また、医院と自宅を同じ場所に立てる場合には、医院は医院、自宅は自宅、と分けて資金を考えた方がよいです。なぜなら、事業資金と生活資金を混同してしまうと、その後の資金繰りや経費の扱いなどがあいまいになり、医院経営に悪影響を及ぼしかねないからです。

 

医療機器・什器・備品購入資金

診療科目により、必要な医療機器や什器、備品が異なります。特に医療機器は建築設計や必要スペースの確保にも大きく関係するため、最初から揃えておく必要があるものかどうか、そのレベルのものが本当に必要かどうかを検討しなくてはなりません。

一般的には、およそ2,000万円~3,000万円程度の予算を立てておいて、必要な物をリスト化し、業者との交渉を始めます。

この検討と交渉は焦らず行い、土地や建物などにかかる大きな資金が具体的になり、銀行融資などが確定してから進めても間に合うと考えられます。

 

次回は、人件費や広告宣伝費などの運転資金などについてお届けします!

 

【関連記事】

開業までのステップ

医院開業のタイミング①~患者行動から考える

医院開業のタイミング②~資金繰りから考える

医院開業コンサルタントの活用①~コンサルタントの種類

医院開業コンサルタントの活用②~コンサルタントの支援スタイル

医院開業コンサルタントの活用③~悪徳コンサルタント

開業タイプの決定

立地選定におけるポイント その1

立地選定におけるポイント その2

不動産取引契約 その1

不動産取引契約 その2~売買契約

不動産取引契約 その3~賃貸借契約

不動産取引契約 その4~借地契約

院外調剤との協力関係 その1~医薬分業の現状

院外調剤との協力関係 その2~医薬分業のメリット

院外調剤との協力関係 その3~パートナー薬局選び5つのポイント

院外調剤との協力関係 その4~院内から院外への切り替え

資金計画 その1~ 資金計画6つのステップ