8664278_s

こんにちは。

今回は「開業医の数の推移と医院開業のステップ」で紹介しました「開業までの一般的な流れ」の STEP 3 建築・設計 についてみていきましょう。

 

医院の外観やデザインはイメージにつながります

「どことなく感じがいい」とか「なぜか入りにくい雰囲気」など、多くの患者さんは建物の外観やデザインから、医院やクリニックのイメージを作りあげるようです。

患者さんにとって入りやすく、居心地のいい空間であること。

同時に医院のスタッフにとっても安心して仕事ができる医院であるために、建築や内装の計画もじっくりと納得しながら進めていきましょう。

医院の設計には細かな専門知識が必要です

たとえば、医療機器の設置場所やスタッフの動線など、一般の住宅建築と異なり、医療施設の建築には、やはり、十分な専門知識と技術が必要とされます。

ここでいちばん重要になるのが、ドクターと設計士との相性。互いの意志が通じなくては、イメージする医院はできあがりません。

 

設計から竣工まで徹底サポート

東手城ヘルスケアモールでは、医院の建設において豊富な実績とノウハウを持った開業プランナーが、ドクターの思いを空間デザインに表現するべく、医療建築を専門とする精鋭の建築設計士をご紹介しています。

ご希望があれば、各設計士の作品をご紹介しますし、実際にご面談いただくことも可能です。お気軽にご相談ください。

夢を実現する舞台となる医院の建築です。本当に気持ちの通じる設計士と出会うまで、責任を持ってご支援いたします。

そして、設計時から竣工までの期間、これまでの経験を生かし、先生そして設計士、現場それぞれに対するアドバイザーとして”理想の医療建築”実現に向けサポートいたします。

 

「医院開業」についてご関心がおありになる方は、こちらからお気軽にお問い合わせください。

次回は、医療の現場となる「医療機器の選定」についてご説明します。

 

【過去の関連記事】