こんにちは。

今回は、実際に開業したドクターの声をご紹介します。

 

望まれる医療を実現したい

開業するまでは、国立病院、市民病院などの公的病院に科長として長く勤務していました。外来診療、入院手術治療に追われ、病院漬けの日々を送ってきました。

その後に、地域医療も経験しようと思い、へき地医療にも携わりました。

このような経験の中から、思いを強くしたのが、求められている医療をどのようにして達成するかということでした。

望まれている医療は、やはり患者さんの声に耳を傾け、患者さんの希望も考慮して、専門的に総合的に、適切な医療を提供していくことではないかという考えに至りました。

様々な医療連携を密に整えて、その一翼を担うことを、自分のライフワークとしようと。

そういう考えのもと、自ら医院を運営して目的にかなう医療をやりたいという気持ちで、医院開業を決意致しました。

 

夫婦で「患者さんに優しい医療」

妻も公立病院の看護師長として、救急医療から緩和ケアまで総合的に経験を積んできており、患者本位の医療提供をすることで意見が一致しました。

ふたりで健全な生活を営みながら、「患者さんに優しい医療」、「患者さんが望まれる医療」を創造していくことになりました。

 

開業に向けてスタートしたものの・・・

まず、健全な生活の住居ともなる医院開業地を自ら探し求めました。そして目的にかなう医院診療所の設計デザインも真剣に考え続けてきました。

しかし、一つ一つのことが専門的で、困難なことに直面し悩んでいました。そんな折、建築業者さんから開業アドバイザーを紹介してもらいました。

アドバイザーの方は、本当に丁寧に相談に乗ってくれました。自分のことのように真剣に好意的に取りくんでくれる姿勢に、大きな信頼を抱きました。

医院の建築設計や医療機器の選定などについて、広い専門性・豊富な経験から詳細、丁寧に助言して頂き、大変よかったと思っています。

 

開業でやるべきことは多岐にわたる

また、自分の中で十分に考えていなかったスタッフの採用に研修、医院開業のための各種手続き、医院開業の企画・提案やPRなど、本当にお世話をいただきました。

アドバイザーの方に、医院開業に必要な全てのことをトータルにサポートしていただいたことで、安心してスムーズに医院開業ができたものと思っており、大変感謝しています。

医院開院後も、引き続いて大切な点について的確なアドバイスを頂いたり、相談に乗ってもらったりして、順調な医院運営につながっています

 

地域の期待と信頼に応えたい

開院して以来、患者さん本位の家庭医療と、医療連携による適切な医療の提供に努力を傾けています。

家庭医療においては、総合的に患者さんと向き合った優しい医療を進めています。

医療連携においては、基幹病院の地域連携室と密接な連絡をとりあうことにより、患者さんの肉体的・心理的負担の軽減につながるようにしています。

今後さらに、総合的・専門的に医療・福祉連携をしながら、患者さんが望まれる医療をおこなって、地域の皆様の信頼に応えられる医院にしていきたいと思っています。

 

開業サポート

東手城ヘルスケアモールでは、事業計画の作成など開業をお考えのドクターの全面的なサポートをおこなっております。

医院開業」についてご関心をお持ちの方は、こちらからお気軽にお問い合わせください。

【過去の関連記事】